1月11日
祖母が亡くなりました



富山は8日から11日昼まで記録的な大雪でした
それらが止み穏やかになったくらい
スッと白い雪が降りなくなったときに
天に向かって階段をゆっくりと歩みながら
安らかに朗らかに息を引き取ったのでしょう

祖母にとって
93年の月日
長かったのでしょうか
それとも短かったのでしょうか

母方の祖母
お盆と年始とたまに会ってたおばあちゃん
ちゃんと話し始めたのは
大学卒業してからでしょうか
一緒に写ってる写真も残ってなかった

大きな口を開けて
声をあげて笑うおばあちゃん

話をするととにかく面白い
ちょっとトンチンカンおばあちゃん

足の悪い一生懸命歩く
とても大らかなおばあちゃん

会ったら何かしら
心配してくれるおばあちゃん

おじいちゃんおばあちゃん4人の中で
唯一オペラ出演を観たことのあるおばあちゃん

僕の肌を見て触って
「っきゃなんと綺麗な肌かいやぁ」
と言ったおばあちゃん

いつしか
そーっと寄ってきて
「理博さんよ いっぱい苦労せっしゃい
立派になられてもいいが 
でも絶対に偉なられんがよ
おかげさまって思ってニコニコしとられ
人様はよー見とられるもんやちゃ
がんばらっしゃい」
そう静かに言ったおばあちゃん

僕の節目に必ず
ふと何かの拍子に思い出したり
夢に出てきたりする
おばあちゃん

最後に会ったのは1年半前とかだろうか
おばあちゃんのいる施設で
コンサートしたいなと思っていたのに
そのままコロナで会えなくなっちゃって…

そして
大好きなおばあちゃん
逝っちゃった…

---------------------------------------




いつしかくれたお小遣いは
ほら袋のまままだ取ってあるよ
まだ形見として使わないで持っとくね
いつか何か美味しいもの食べるよ

今日おばあちゃんの名前を久しぶりに見たよ
そう一枝さんだったんだよね

でも僕が呼ぶときは
おばあちゃん
そのままにしておくよ

おばあちゃん
ありがとうございました☺️



2021.1.14.大畑 理博 拝
スポンサーサイト



2021年

明けましておめでとうございます

本年も引き続き
どうぞ宜しくお願い申し上げます

どんな年にしたいかより
今をどう生きたいか
そんな思いが込み上げてきた元旦でした

大畑 理博 拝

---------------------------------------

東京は清々しい青空が広がっています
例年なら実家の立山に帰省しているところですが、本年は家でひたすらゆっくりしています

大晦日には手書きのメッセージで
「いつまでも変わらずに…
あなたは独りじゃない
あなたはたくさんの人に
愛されてるんだよ」

元旦にも朝起きたら素敵なメッセージが届いていました
「貴方が誰かを想ってお歌いになる
そうしたら
誰のためでもない“自分”のために
歌っているのです

本物を知っているならおわかりになるはず
遠くの地に私はおりますが空は繋がっています
歌ってください
ご自身に」

ありがとうございます☺️

大晦日から新年にかけてのカウントダウンのときに、うたっていたものです



青空は元日の東京の空です






2021.元日.大畑 理博 拝
本年も大変お世話になり
誠にありがとございました‼️
感謝申し上げます☺️

【目には見えなくても
そこに確かにあるもの】

今年はずーっとそれらを
目の当たりにしていたんだと思います

生活様式が変わり
仕事の仕方も変わり
そして人の認識も大きく変わりました

全てが新しくなって
“before”はあっても“after”はなく
ずっと【with】であること
これが2020年の気付きです

来年も変わらず
どうぞよろしくお願いします

大畑 理博 拝

---------------------------------------

僕は新年早々の帰省するときに
インフルエンザウィルスに罹ってしまい
幸先悪いなと思っていたところ
2月ぐらいから言われ始めた
COVID-19の出現
勤務先の専門学校もスクールも
2ヶ月間ストップしてしまい
これまでに感じたことのない
一人の時間も増えていきました

6月から再開されましたが
全く別の方法を
ずっと模索することになります

そして9月には別のウィルスによる発症
寿命を全うするまでお付き合いすることに
年末には見える形で
「身体障害者」という新しい自分になりました



でも変わらないで【with】だと思ったもの
「うた」「音楽」
いつでもどこでも共にいました
僕にとって救いとか祈りとかではなく
中に存在して沸々湧き上がってくるもの

家族、友、先生、同僚の先生方、生徒など「人」
皆んなが優しくそこに居てくれました
そしていろんな媒体で声をかけてくれる



「花」「空」。。。
僕の生まれるずっと前からいてくださるもの
心の拠り所であり栄養素



これからはお金とかも含めて
目に見えなくなっていくものが
もっともっと増えていくんだと思います

その中で自分がどう生きるか
考える年の瀬



2020.12.31.大畑 理博 拝
専門学校の留学生から昨日もらった手紙
彼はインドネシアからやってきた中国とインドネシアとのハーフ
辿々しい日本語で、でもしっかりとした文字で書かれていました



居場所がなかったという彼が、少しでも“自分の居場所”を意識できるようになるお手伝いが出来たなら良かったな

さまざまなことを教えてくれました

もちろんインドネシアのこと
一番ビックリしたのはファミリーネーム、苗字がインドネシアにはほとんどないこと

そして
ハーフとしてのアイデンティティ
ご両親との関係
パトリオティズムとナショナリズム
途上国からの日本の視点
などなど

僕には感覚や概念がなく
想像もできないことを彼から沢山学びました

今年のクリスマスプレゼントのひとつ🎄
Merry Christmas🎅



2020.12.24.大畑 理博


昔ボイトレに通ってくれていた
その当時、大学生だった子が現在勤めている
秋田は五城目の杉沢ファーミングから
新鮮なほうれん草が送られてきました🥬
杉沢ファーミングは同じ地域の若い方々で
米や野菜栽培をやっていらっしゃるそうです

すぐにサッと茹でておひたしとして食べたら
新鮮でとても美味しかったです☺️



僕は小さな頃、本当にほうれん草が嫌いでした😣
家でごはん時に出てきて食べれなかった時には
祖父にも父にも別々に怒られた記憶…
しかも厳格な祖父、感情的にたまになる父
泣き叫んじゃったから家から出されて
鍵閉められたり、しまいには蔵に閉じ込められる…みたいなのまで発展したような(笑)

そして小学校の給食
本当にオエッてなるくらい嫌いだった💧
給食の後、昼休憩、掃除と続きましたが
どんなに頑張っても食べられず
ずっと一人で残っていて
牛乳でも流し込めなかった
かなり鮮明に覚えてます。。。

そんな苦い思い出を経て
いつかしらとても好きな野菜になっていました
今ではおひたし、胡麻和え、味噌汁、パスタ、炒め物など
様々なところで使う様になった

タイムマシーンがあったなら
小さい頃の自分をこっそり励ましたい(笑)



2020.12.6.大畑 理博
勤務しているスクールの一つが移転
今日、移転前では最後の出勤レッスンでした



14年ほどこのビルに通い、お世話になったことになるでしょうか
専門学校以外では初となる就職先で、こちらで面接と模擬レッスンをドキドキ緊張しながらやった記憶が蘇ります

25歳とかだったからまだまだ僕も若かった(笑)
顔は黒く髪は長く髭も生やし…今と風貌もあまりに違ったし(爆笑)

この螺旋階段を登るのが体力的にキツい時も、精神的にシンドい時もありました

11時から23時で1コマ45分だけ休み…って働いたこともありましたね💧

それも良い思い出

ありがとうございました‼️



2020.11.22.大畑 理博
富山のど田舎生まれで良かったな
と思うことが最近多くなってきた
そして最近はそれと共に
なんだか昔を思い出すことも多い

有り難いものに溢れていることに
40手前にして気付かされているのかもしれない
当たり前のもの=有り難いもの
ということ



柿と栗
実家に帰った際に東京に持ってきたもの
どちらも家の庭に植っているもの

柿は小さな頃から食べ慣れてきた味
祖父母が木に登って取ってくれたのが遠い記憶
やっぱりどんなに高いお金を払っても
この味に勝るものはない

栗は両親が植えたもの
最近になって大きな実が付き始めた
亡くなった父はこの実を子や孫に食べさせたかったんだろう…



おにぎり
米農家に育ったからやっぱりお米が大好き
毎朝食もパンではなく米を食べたい

僕が産まれた頃には
手植えから機械へと変化していった時代
先祖たちが耕して残していったものの恵みは
ただただ大きいと思った

買って食べれば済むもの
それでもお供は地元のがやっぱり食べたい
山の上で大地の恵み

祖母は僕によくおにぎりを握ってくれた
とろろ昆布を沢山付けてくれて


友だちを少し超えた存在

写真は大学の同期の岡田昌子
彼女がイタリアに帰るというので
前夜にお寿司を一緒に

彼女は香川県
そして一緒につるんでた佐藤容子は山形県
僕は富山県
田舎から東京に出てきて踏ん張った仲間
多くを語らなくても何か通じ合う

20年来の不思議な関係性がある
話は他愛もないくだらないこと
そこには底知れない程の
安堵と楽しさとにとにかく満ち溢れている

今日11/17が誕生日の昌子
心からおめでとう‼️



2020.11.17.大畑 理博
久しぶりに週末、帰省してきました
秋の深まりを超えて、どこか冬に近づいて来た感じもありましたが、陽が射すとどこか暖かく感じたり

動画は実家の裏手からの風景



どんよりした曇り空でしたが
嫌だなという感情は一切生まれず
やっぱり北陸らしいなと
しっかしなんて長閑なんだろう…(笑)

そして
今回は母を連れ立って





芦峅雄山神社





教算坊





称名滝の麓

へと伺いました
今年の紅葉は寒暖差が激しかったからか、とても鮮やかで美しい色付きだったように思いました

車で30分以内のところにこんなところがあったのか…っと驚かされることばかり
称名滝へは途中雨に降られ、近くまでは行けなかったのですが、その手前で猿の親子に会ったりもしました

この歳になってもう一度
ちゃんと地元の色んなところに赴かないとな

東京の街もそうですね
近くにあると有り難みをあまり感じなくなるものです



2020.11.10.大畑 理博
体調が戻ってからも年内の演奏をどうするかずっと迷っていましたが、
様々な方から「うたったらいいよ」と仰っていただき、
また、ボイストレーニングの師匠からも「うたうことで身体が整うんだからうたいなさいよ」と仰り、
はたとやっぱりうたいたいなと思い出演させていただくことにしました

今回は以前にも参加させていただいた、新しい日本語の歌曲だけで構成された国際芸術連盟主催の「21世紀日本歌曲の潮流」というシリーズ演奏会です
僕は福田陽先生が作曲なさった「預言者」という作品です

ロシアの詩人・作家であるプーシキンの詩をロシア文学者である金子幸彦先生が翻訳されたテキストです
元々はリムスキー・コルサコフがプーシキンの同詩をテキストに持つ歌曲があります
それをコンセプト企画の演奏会で、同じ詩の日本語訳による新たな歌曲作品として福田陽先生に生み出されたのが今回の作品です

とても緊張感の漂う作品ですが、お話をいただいたときに
これはうたいたい‼️
とインスピレーションが湧いた作品です

体調回復しつつどこまで復帰できるか。。。
自分の今年の課題の一つとして取り組みます

もしご興味のある方はご一報くださいませ

---------------------------------------



公 演 名:第31回 21世紀日本歌曲の潮流
日  時:11月24日(火)19:00開演 18:30開場
会  場:亀戸文化センター カメリアホール
チケット:3,500円(全席自由・税込)
問 合 せ:JILAチケットセンター Tel:03-3356-4140

【曲目】
野村 朗
「夜に」「さとしくんのうた」 <東京初演>
「桔梗」
「無題」 <新作初演>
「春のあはれ」
ソプラノ:原口あゆみ ピアノ:倉本洋子

髙橋克行
「色は匂へど‥‥」 <初演>
メゾ・ソプラノ:竹内祥子

服部和彦
青い蝶(服部和彦:詩)
夜道 時計台(高田敏子:詩)
メゾ・ソプラノ:岩井奈美 ピアノ:成井木綿子
幻の花(石垣りん:詩)
ドリーム(小野小町:詩)
ソプラノ:川口 翠 ピアノ:森本加奈

福田 陽
「預言者」(A.プーシキン:原詩/金子幸彦:訳詞)
バス・バリトン:大畑理博 ピアノ:樋口真千子

浅井和夫
現代詩人によせる四つの歌
~東北大震災への鎮魂歌…気仙沼にて~
 1.海に舞う桜吹雪 2.紅葉幽玄 3.空の色 4.雪おんな 
メゾ・ソプラノ:竹内祥子 ピアノ:浦田由里子

澤田 博
宮澤賢治の詩による歌曲「小岩井農場 パート九」 <初演>
ソプラノ:真幸 操 ピアノ:森本理奈



2020.10.24.大畑 理博
グランドオペラ共同制作
オペラ『トゥーランドット』

トゥーランドット姫を大学の同期 岡田昌子が演じるということで、神奈川県民ホールに行ってきました



20年ほど前、3人で仲よく自主休講をたまに?していた(笑)佐藤容子、そしてそんなわがまま3人を保護者のやうに温かい目で見守ってくれていた辛島安妃子さんと一緒に横に並んで応援できました
あんなにアホなことを言い合っていた仲なのですが、3人は本当に立派な歌手、指導者として歩みを続けています



今回の演出・振付は大島早紀子さんがなさり、白河直子さんをはじめとしたH・アール・カオスのみなさんでして
前評判を聴いていたのですが、納得させられる繊細さと大胆さを表現され、それぞれの場面や心情をダンスで表現
舞台上は大変美しい世界を描いていらっしゃいました

---------------------------------------

そしてトゥーランドット姫を演じた昌子ですが、昨年末のリサイタルには伺えたものの、二期会公演のアビガイッレを演じた「ナブッコ」を観劇しそびれたので、僕はオペラの中での本人を観るのは今回が初めてでした

やっぱり変わらず昌子でした(笑)
(本人に怒られそう…ごめんなさい)

「心に抱えた深い傷を氷のような冷酷さで覆い隠す絶世の美女」という説明の通り
舞台上では美声、そして美しい立ち姿、演技で圧倒させてくれました
一幕、一言も発さずに立っているだけなのに凄い存在感でした(ビックリした)

20年以上前から知っているため、どこかしら本人と重なる部分があり、演技をしているのか素なのか、トゥーランドット姫を観ているのか昌子を観ているのか…
振り返るとき、階段を上り下りするとき、手を差し出すとき、歩くとき。。。
でもそこには2人とも確かに存在していました

日本に帰ってくるたびに、刷新されていく昌子は
プリマドンナの階段を登っているのに、気さくでいてくれるからなんだか安心します

もし昌子が椿姫のヴォオレッタをやるなら、最後に仕える一人のグランヴィル医師として一緒に出来たらいいなと思ってみたり
10年前にこれで終わりと思っていたオペラ出演だけど、そんな思いにさせられました

いやぁ…
先週の「夏の夜の夢」に続いて今回も行ってよかった‼️

心の栄養補給第2弾でした



終演後、中華街で容子とご飯を食べてお茶していたら、昌子が会いに来てくれました😆
やっぱりお茶目で面白可愛い昌子は変わらない(笑)





2020.10.18.大畑 理博
以前の投稿で体調不良から復活のお話をしましたが、
ずっと原因がわからずでどうもモヤモヤが続いてました
血液検査では白血球の数値が未だ低いままで、
さらに下がっていく傾向がありました

そして本日、かかりつけのお医者さんにご紹介いただいた国立国際医療研究センター病院に行ってきました
血液検査の結果から、やはり血液中にウィルスが検出されウィルス感染していることがわかりました



治療法はだいぶ確立されているのですが、完治するものではないということで、これから全うするまでこのウィルスと付き合っていくことになりました

皆さんはもっと一喜一憂されるみたいなのですが、僕は何故かすんなりと淡々と受け入れられました
看護師さんがちょっと驚かれるくらい冷静に(笑)

音楽活動や通常生活に支障が少ないのが救いですが、投薬をはじめると副作用があるかもしれないということで不安要素はあります
また、免疫力が低くなっているので普通の風邪に気をつけないといけないです

でもひとまず原因がはっきりとわかり、治療が進められると思うと、とても安堵している自分がいます

これでまた音楽活動や仕事が、無理をせずに気を遣いながらでも出来ると思うとやはり嬉しいものです



2020.10.12.大畑 理博
久しぶりに観劇したオペラは
今この状況下にピッタリの幻想的なオペラでした
新国立劇場のオペラパレスで出演者全員が日本人

なんだか随所随所に散りばめられていたメッセージも
ズンっのようなグッのようなとても心に深く滲み入るものでした



シェイクスピアの幻想的な中に人間の核心をつくような…
ブリテンの妖しくも美しく紡がれる音楽
(一応学部時代、英米歌曲やオペラに触れたんですよね…ブリテンも挑戦したけど、ハマらなかった…ハマったのはヴォーン・ウィリアムズでした)

ニューノーマル時代の新演出と銘打ってます
一切演者同士が触れることはないのに、実際の距離、心の距離、舞台上では登場人物たちのそれぞれの距離がとても良く描かれていました

大学時代の一つ上の先輩である藤木大地さん、大隅智佳子さん
そして同郷の大先輩 平井香織さんをはじめ、出演者の方々の取り組む姿勢、歌はもちろん演技が素晴らしかった
アンサンブルもとてもバランスが良くて心地よかった

そして少年合唱団の心洗われるハーモニー
少年ってなんであんなにストレートな声なんだろう。。。

とても長いオペラなはずなのに、それぞれのシーンで音楽、演出、演者の皆さんに魅せられてあっという間でした

(そして終演後には平井さんと大隅先輩にもお会いしてちょっとだけお話できました)

はぁ。。。
心の栄養補給が出来ました
本当に伺ってよかった



2020.10.8.大畑 理博
季節を感じるということ
これまでも大事にしてきたつもりでした

先月、体調を崩してから考え方が変わったのか、感じ方もガラッと変わったように思います
これまで歳を重ねるごとに一緒だろうと思うようになり、どこか慣れてきていたのかも

せっかく咲こうとしていた鉢植えの花に水やりしてあげられず、見るも無残に枯れてしまい、不甲斐なさで深く傷付いたりもしました
あんな気持ち味わいたくないな…



まだ身体が本調子じゃないから、出来ていたはずの当たり前のことが困難だったり、それでも徐々に出来るようになったり
なんだか非日常を生きている気になるときさえあります



時を経ればその自分は過去になる

今、季節を感じれば感じるほど
新しい自分に出会える気がして
どこかワクワクしています



曼珠沙華
十五夜お月さま
金木犀の薫り
東京の街並み



毎年見る風景なのに新鮮さが違う
この感覚が続いたら後悔とかなくなるのかもなと思ったり



2020.10.4.大畑 理博
ご無沙汰をしております

元気にやってました‼️
っと言いたいところだったのですが、なかなかそういう状況でも無く。。。

9月の2週目頭ぐらいからずっと原因不明の発熱(結構な高熱)だけが続き体調を崩しておりまして、投稿出来ずにおりました。
現在、血液内科に通い原因を究明しているところですが、未だわかっておりません。
こんなに長い間お休みをいただき、多方面に多大なご迷惑をおかけするとは思いもしませんでした。

ただ今回一番言われたこと
【もっと甘えてください、大丈夫ですから】

僕は甘え下手なのでしょう。
ご近所の大学同期の佐藤 容子をはじめ、職場の皆さん、先輩方、そして自分の生徒にまで言われちゃう始末。
そしてどこに行ってもみなさんとても優しい。
専門学校の学生たちも「先生大丈夫ですか?」とわざわざ会いに来てくれたり。
北原白秋の「からたちの花」に【みんなみんなやさしかったよ】とありますが、まさにそれ。
涙が出そうになるのを堪えていました。

しかし本当に甘え下手なんでしょうね。
末っ子だからか、周りの顔色を見てちゃんとしないとが変な方向にいっちゃったのかも。

-----------------------------



秋の日の こころ(八木重吉)
花が 咲いた
秋の日の
こころのなかに 花がさいた



2020.9.27.大畑 理博
祖父の影響か
祖母の影響か
はたまた父の影響か

スイカが大好きなのです

小学生のころは違う畑に祖父、祖母が競うようにスイカを育て、そこに父が入善のジャンボスイカを買ってくる
そしてご近所さんやご親戚からもスイカがやってくる



そんなこんなで朝昼晩と食べて育ったからか…
毎日食べたくなるスイカ
今年は日照不足だったのか流通が少なく。。。



でも美味しくいただいてます(笑)



2020.8.18.大畑 理博
大畑理博うたってもいいですか?
~鼻歌が“うた”に変わるとき~

昨夜ですが無事に終了致しました‼️





本当にタイトル通り「うたってもいいですか?」といった状況の中で、
ソーシャルディスタンシングを保ちつつ予定通りに開催出来たこと。
そして15名限定ではありましたがご来場いただけたこと。
こんなに幸せなことはありません。

まだまだ外で鼻歌も自粛警察のような方々がいらしてままならない状況です。
何も気にせずお伺いたてることなく、
うたえるようになるのはいつになるのでしょうか…



今回のピアニストも尾崎風磨くん
色んな無茶振りに応えてもらいました(笑)

お世話になった四谷SOUND CREEK Doppoさんも今月末でビル自体が解体のため、移転前最後のステージとなりました。



オーナーの川崎さんにもお世話になりっぱなしでしたが、移転先でもお世話になろうと思っています。

大々的に出来ることを祈って

【セットリスト】
Remember the kiss(KOKIA)
明日への手紙(手嶌葵)
baby if,(Fayray)
茜さす(Aimer)
孤独の向こう(平原綾香/川江美奈子)

I am what I am
(ミュージカル「La Cage aux Folles」より)
アイニユケル(Salyu)
蝶々結び(Aimer/野田洋次郎)
WILL(中島美嘉/川口大輔)
かぞえうた(Mr.Children)

サヨナラcolor(SUPER BUTTER DOG)
ありがとう…(KOKIA)

2020.7.26.大畑 理博
昨日は父の命日でした
今年で七回忌

築地本願寺へお参りに行ってきました





過ぎゆくときの中で
自粛期間に思ったこと
今こんな状況で
いろんな想いはあります

川江美奈子さんがお作りになった
「孤独の向こう」
うたってみました



----------------
孤独を知って あなたを知った
明日はきっと輝くだろう
だから私は揺れることない
道を歩いてく
----------------



2020.7.22.大畑 理博
【東京近郊の皆様へご案内】

こんなご時世ではございますが…
いろいろとご意見はあると存じます
だけれども
こんなご時世だからこそ
うたいたい

うたってもいいですか?

15名限定とさせていただきます

今回は新型コロナウィルス感染症の影響で自宅で自粛しておりました際に、ふと出た鼻歌を中心に演奏したいと思います

今回もピアノは尾崎風磨くんです
突然のお誘いにも関わらず快諾してくださいました



もしご興味がございましたらご一報くださいませ
15名を超えた場合には2回実施するか違う形にするかまた考えます

どうぞよろしくお願いします



2020.7.7.大畑 理博
今日は母の誕生日でした
もしかしたら初めてちゃんと誕生日当日におめでとうを言えた気がします…電話でですが…

息子が見る母は
頭の回転がとても早く
信じる道を進みつつ
ドーンと構えていて
表裏のないはっきりものを言う
優しくもかなり厳しい

だからこそ皆さんから頼りにされ
声をかけていただいたり
家に遊びにいらっしゃる方が
多いのかもしれません

---------------------

これまで息子でもビックリするようなことを
突発的に言われてきました(笑)

大学受験の時には二次試験合格後に電話をしたら
「あなた気が済んだでしょ?私立も合格してるんだしもう帰ってきなさい」

コンクールの本選結果が出て2位だった時、
「私は聴いてないけれど今日はダメだったのでしょう。それが結果であなたです。」

なんの時だったか忘れましたが
「女は強いわよ。男だって皆、女から出てきたんだもの。時代は変わっても、女は強い。」

まだまだこれからも長生きをして凄いことを言い放つのでしょう(笑)

---------------------



お誕生日おめでとう
あなたには敵わないけれども
そんな母でずっといてください

三男 理博より
人々は上を目指す

高く塔を作り
その上を高く飛ぶ
またもっと上の宇宙へと

僕はそのずっと下から見上げている



コンクリートからピヨっと
草が日射しに向かって
伸び伸びしている

僕が見上げられているはずなのに
僕は見上げている気分になる

これでいいんだな



2020.6.23.大畑 理博
ブルーインパルス



昨日のことですが。。。
新型コロナウイルス感染症に対応中の医療従事者の方々をはじめ、多くの皆様へ敬意と感謝をお届けする
という航空自衛隊の試みで違う部隊が同じルートで2周されました。

医療従事者の皆さま、尽力された皆さまに心より感謝申し上げます。



僕の頭上を飛んで行った瞬間に
とても感動しましたし
ちょっと複雑な気持ちにもなりました

みんなが同じ空を見上げていました
老若男女問わずワクワクして声が漏れてしまいました
そこには本当に祈るように、飛行機が好きだから、野次馬的に、記念に
色んな想いが交錯していたと思います

Twitterでは
あれは戦闘にも使われるものだ
という記事も目にしました

様々な考えがある中で行きすぎてしまったものに何かストップをかけるようにこのコロナウィルスは誕生したように思います
アフターコロナは恐らく便宜上の言葉では存在しても、インフルエンザのように残っていくのでしょう

これから前に戻るのではなく進んでいく…まさに凄いスピードで世界が変わろうとしているのだと、切に思った瞬間でした

良い方向に向かいますように



2020.5.30.大畑 理博
ピアニストの藤波 結花さんからお誘いいただき
リモートアンサンブル【音結びプロジェクト】第一弾
参加させていただきました‼️

楽曲は僕の大好きな中島みゆきさんの「時代」

実は仕上がるまでどんな感じなのか、どんな方々が参加されるのかわかりませんでした
録音するときは一人

でもこうやってはじめましての方々とプロアマ、楽器を問わず一つのことにみんなで集中して楽しんで
これが音楽=音を奏でる
ことなのかなと思ったりしました

プロ・アマ総勢38名「時代」/ 音結び OTO-MUSUBI プロジェクト第1弾

---

「時代」中島みゆき

そんな時代もあったねと
いつか話せる日が来るわ

あんな時代もあったねと 
きっと笑って話せるわ

だから今日はくよくよしないで
今日の風に吹かれましょう

まわるまわるよ 時代はまわる
別れと出会いを繰り返し

今日は倒れた旅人たちも
生まれ変わって歩き出すよ

---

誘ってくださった藤波さん
ありがとうございました☺️


2020.5.29.大畑 理博
端午の節句🎏

こどもの日👶

っということで、僕の大好きな
「世界中のこどもたちが」
うたってみました
やっぱりこういうのは屈託ない子どもの声が一番
ですね



そして柏餅もいただきました‼️



2020.5.5.大畑 理博

あまりにもショックなニュースが飛び込んできました

https://www.google.co.jp/amp/s/www.jiji.com/amp/article%3fk=2020050101065&g=soc



ヴォイストレーニングを同じ先生に習っていたのが縁で知り合った大蔵流狂言師 善竹富太郎さん
豪快な笑い声と屈託のない笑顔
本当に人柄の良さが滲み出ていた方
先生のライヴに行くといつも気さくに声をかけてくださった

そしてご丁寧にMessengerで狂言の公演のご案内をいただいていたのに、なんだかんだと一度もお伺いすること叶わず…

狐見たかったなぁ。。。

僕と年齢が変わらないのに
あまりに早い
早すぎる
これからの狂言界を確実に引っ張っていかれる方だとお聞きしていてこれからだというのに残念

心よりお悔やみ申し上げます



2020.5.2.大畑 理博
家の中を整理することが多くなり
もちろん写真アルバムも出てきました
そしたら、Facebookで昭和の日に昭和の写真をアップするという企画がありまして…

こんな可愛い時もありました(笑)

①1歳のとき(昭和57年4月)



②三兄弟(昭和57か58年6月)



③小学校入学式に母と(昭和62年4月)





2020.4.30.大畑 理博
ウィルスで世界中がまだ先の見えない状態で
なかなか窮屈な生活を強いられていますが
皆さまいかがお過ごしですか?
穏やかに暮らせるといいですね

僕は今月いっぱい仕事は全て無くなってしまい、無職=ニートとなっております

そんな中
今まで放棄していた部屋の整理をしたりしていると
すぐ時間が経っていてビックリしています
こんなに家にいるのは学生以来かも💧

そして、今までにない言葉も生まれていますね

コロナ禍(か)
ソーシャルディスタンス
「3蜜」

家にテレビが無く新聞もとっていないので
情報の収集源はネットだけ
欲しい情報だけを拾っているので
不安というのが思いの外少なく住んでいます

そしてピアノに向かうことも増えていますが
あまりうたっていなかった💧

っということでうたってみました(笑)
「The Phantom of the Opera」より
The music of the night
録音機材が家にないので携帯でとりました💧





2020.4.18.大畑 理博
桜が揺れる晴れた日となりました
ご卒業おめでとうございます

音楽漬けの2年間の学生生活はいかがでしたか?
様々な想いを持ってこの日を迎えられていることでしょう。

皆さんとは1年次の講義の授業を担当し全員の名前を呼ぶことになりました。
そして実技ではほぼ全員にレッスンしました。(まりあとあやのだけレッスン出来なかったのが残念)
授業を受けてくれて本当にありがとう。

僕の授業は思ったことを言いたくなるので情報過多だったかもしれません。
何言ってるか全然わからないとかもあったでしょう。

この場を借りてごめんなさいm(_ _)m

たくさんある選択肢の中でESPに入学されたことは、これからのみなさんにとって何かのきっかけの通過点でしかなく、これからの踏台にしてほしいです。
是非、今後はこれまでの2年の学生生活をふと思い出すまで忘れてしまうくらいに、もっと面白いと思えることに出会えるよう願っています。



今僕たちはウィルスという目に見えないものと闘っています。
それは誰も予想だにしなかったことで、いつ終息するのかも未だわかっていません。
みんなが右往左往、一喜一憂しています。

でもこんなときだからこそ『気付き』のできるときなのかもしれません。
芸術家の岡本太郎は

壁は自分自身だ。

と言っていますが、僕もずっと自分という“壁”と闘っている気がします。
「人それぞれだからあなたの良いと思う方で」
と周りは言ってくるかもしれませんね。だから迷いも生じるのです。
目に見えないものと闘うときには、安易なものの見方では偏ってしまいます。
自分で情報を取捨選択する。
難しいことですが、模索することで見出されていく何かを見付けて欲しいなと思います。

最後に、岡本太郎の言葉から

人生はキミ自身が決意し、
貫くしかないんだよ。

改めて心からおめでとう。
応援しています。



2020.3.24.大畑 理博

京都そして奈良に赴いてきました
ウィルスの影響でとても静かな空間が広がっておりました

だからこそ見えた“日本の美”
【静と動】は反対ではなく『共存一体』ということ

新しいモノの見え方の発見だらけの旅でした















2020.3.19.大畑 理博
恙無く誕生日を迎えられたことが嬉しく
そして幸せなことだなと噛み締めています

コメントやメッセージなどを賜り、誠にありがとうございました
ゆっくりとお返事させていただきます

昨夜はワンマンライヴ
本日午前は合唱のお手伝い
午後は生徒に教えて
夜は大学の同期と久しぶりに会いました

なんだか今年は“うた”づくしとなりました

もう未熟者のとか若輩者の…という年齢ではなくなってまいりました
でも、これまでユルユルと過ごしてまいりましたので、このまま自分のテンポとペースで歩んでまいりたいと思います

今後ともどうぞよろしくお願いします





2020.誕生日 大畑 理博 拝
大畑理博うたってもいいですか?
~感謝(39)を込めて“涙うた”を紡ぐ~

無事に終演いたしました。
ご来場賜りました皆様、誠にありがとうございました。そしてメッセージを頂戴しました皆様にも感謝申し上げます。
このシリーズは2013年からさせていただいて7年目になり、確かにうたってきた軌跡を感じます。

今回のコンセプトは「僕が涙したうた」
うたえなくなる手前でグッと堪えているという状態が続きましたが、なんとか終えられました。

ピアニストの尾崎風磨くんにも助けられて、様々なジャンルのものをうたわせていただきました。

うたに救われた日。



【セットリスト】
小さな空(武満徹)
この道(山田耕筰)
世界中のこどもたちが(中川ひろたか)
にじ(中川ひろたか)
I dreamed a dream(ミュージカル「レ・ミゼラブル」より)
When She Loved Me(ディズニー映画「トイ・ストーリー2」より)
The Rose (映画「ローズ」より Bette Midler)
Smile(映画「モダン・タイムス」より Charles Chaplin)
一本の鉛筆(美空ひばり)
to U(Salyu)
そこに空があるから(テレビアニメ「ポケットモンスター アドバンスジェネレーション」より 江崎とし子)
こころ(沢知恵)
家路(中孝介/江崎とし子)
道標(福山雅治)

(アンコール)
僕が死のうと思ったのは(中島美嘉/amazarashi)



そして残念なお知らせ。
わがまま放題なのにずっとさせていただいていた四谷SOUND CREEK Doppoさんですが、ビルを取り壊すということで賃借契約の終了に伴い今年の7月末をもって現在の場所での営業を終了されるそうです。
移転先が決まっていないそうで、どなたか物件をご存知の方はいらっしゃいませんか?
50人ぐらい座れる広さでバンドも出来て駅近が良いそうなのですが。(地下が防音的に良い。)
移転先が無くなると来年から僕はどこでやったらいいのか…(T ^ T)



2020.2.8.大畑 理博