あと、12時間強で2006年が終わろうとしております。
皆様にとってどんな年だったでしょうか?


僕にとっては大変激動の年となりました。
このHiro Songs AlbumのWeb Siteが僕の誕生日である2月9日開設され、それ以降様々な思いをこのInfo.diaryに綴ってきました。
本当にいろいろな事が書いてあります。
またそれに関しての感想など、メールをたくさん頂きましてありがとうございました。



音楽関係の出来事で言えば、なんと言っても初のソロリサイタルを開催致しました。
ご来場くださった皆様、また、お手伝いくださいました関係者の皆様、そして支えてくれた家族に感謝致します。

ソリストの機会も多く、第九やメサイア、Scheduleにはありませんでしたが、モーツアルトのレクイエム、ベートーヴェンの合唱幻想曲等がありました。

また今年はモーツアルト生誕250年でしたので、オペラ、歌曲、宗教曲などモーツアルトの声楽作品を歌う機会も多かったように思います。

自分のベースワークであります、日本歌曲の分野では、由緒ある演奏会シリーズの團伊玖磨の回で、大御所であります中沢桂先生をはじめ、川上洋司先生、天田美佐子先生など錚々たる歌手の方々、そしてピアニストの相庭尚子先生とご一緒出来、本当に勉強させていただきました。

そして、初心に帰る意味で、大変多くの病院や福祉施設、幼稚園などの慰問演奏をいたしました。皆さんの喜んでくださる笑顔、そして涙が僕の心の栄養となりました。受け入れてくださった各施設の皆様、そして聴いてくださった皆様に、この場を借りてもう一度お礼申し上げます。

ソロリサイタル、富山県内の慰問演奏、そして演奏会とずっとお世話になったピアニストの老月千晶さんには大変感謝しております。仲がいいというだけで、お忙しいところ無理を言ってお願いしても、快く引き受けてくださりご迷惑をかけたなと思います。もう一度この場を借りて感謝申し上げます。









私事ですが、母方の祖父が亡くなったこと。これは大変に残念でなりませんでした。
昨年の秋にリサイタルをするのを決め、父方の祖父はすでに他界しておりましたので、母方の祖父には必ず聞いてもらえるものと思っておりました。ですがそれは叶わなかった。
ですが、病院で歌えたこと、そして聞いてもらえたこと。
全く後悔が無いわけではありませんが、歌を聞いてもらえて本当によかったと思っております。




やっぱり歌っていいですね。




皆様、どうぞ心温かな、よいお年をお迎えください。

2006.12.31.大畑 理博
スポンサーサイト