突然の訃報が入ってまいりました。
3月まで在籍していた東京ミュージック&メディアアーツ尚美コンセルヴァトアールディプロマで師事していた、毛利 準先生が先月お亡くなりになりました。

僕の音楽に対する姿勢、そして発声などテクニック的な面。また、メンタルなこと、様々な経験のお話。。。
在籍していた3年間にさまざまなことを先生から学びました。
特に発声と日本歌曲に接するときの事に関しては厳しく、わからなかったことの鍵が段々と解かれていく感じで、日々勉強したような気がします。
レッスンも厳しいながらも有意義で、その曲の持っている歴史やご自信の体験談を交えながらでした。
尚美を修了しても、もっと聞きたいこと、学びたいことがたくさんあって・・・。

訃報を聞いたときは呆然としてしまいましたが、だいぶ落ち着いてきています。
でもなんだか淋しくて・・・。



心からご冥福をお祈りいたします。

2007.4.4.大畑 理博
スポンサーサイト