もうすぐ2007年が終わろうとしています。
本年もありがとうございました。



皆さんはどんな年でしたか?
僕はやはり激動な一年でした。

Scheduleを中心に1年を振り返ってみたいと思います。

2月 
  3日(土)小山友の会「こんにちは モーツァルト」
 24日(土)東京ミュージック&メディアアーツ尚美 オペラ基礎研究発表会

3月 
 1日(木)板谷荘子・市橋なぎさVocal Duo Concert
 10日(土)大畑理博ソングリサイタル

4月
 22日(日)富山県音楽協会演奏会 第13回 春のコンサート「ア・ピアチェーレ」

7月
 22日(日)第16回 21世紀日本歌曲の潮流

8月 
 18日(土)アローザ・フィオレンティーナ・コンサート

9月 
 10日(土)第16回日本歌曲コンクール 声楽部門本選会[(社)日本歌曲振興会 主催]

10月 
  6日(土)第53回 富山県音楽協会演奏会「秋の午後 しらべにのせて」
  20日(土)東京ミュージック&メディアーツ尚美コンセルヴアトアール ディプロマ 卒業生コンサート

12月
  24日(月)富山県声楽家協会 第11回コンサート



以上、演奏の機会は他にもたくさんありましたが、大まかなところを挙げました。

3月に東京は日比谷で初めてのソロリサイタル「大畑 理博ソングリサイタル~想い出に寄せて~」を開催いたしました。何か「歌」の、そして僕自身の世界を広げられたらと思い開催しましたが、様々なことを考えさせられました。副題「想い出」からの選曲でしたが、一曲一曲想いが詰まったものとなりました。

僕の「歌」に対する姿勢から考え方、歌唱等を根本から変えてくださった恩師、毛利 準先生が急逝されたこと。僕はもっとたくさんのことを先生からもっともっと学ぼうと思っていたのに。。。大変ショックでなりませんでした。

また、20年の学生生活を終え4月から社会人として歩き始めました。
「先生」と呼ばれるのにまだ大変抵抗がありますが、なんとかやっております。

今年は大変なこともありました。
8月の自転車事故。
今まで大きな病気や怪我もせずメスも入れたことなかったのですが、初めて大きな怪我を顔面に致しました。まだまだ治療は続きますが、少しずつ治していけたらと思います。



2007年もたくさんの方々と出会いました。そこからまた人とつながり。。。
それは、演奏家として。教師・講師として。そして僕自身として。
来年はもっと色んな出合いが待っていることでしょう。





それではみなさん良いお年をお迎え下さい。

2007.12.31.大畑 理博
スポンサーサイト