どうして寒春季に咲く花は、葉に守られること無く、先に咲き誇って潔く散るものが多いのでしょうか…。
花によっては寒の戻りで雪に、寒風にさらされるというのに。







辛夷

三椏

黄梅

連翹

木蓮

満作





咲いているものを見ながら挙げていったので、その他にもたくさんあるかもしれません。


冬に耐え忍んだからこその、勝ち誇りの花なのでしょうか。
だから果て朽ちるまで木には居らず、潔いのでしょうか。

温かな陽差しと共に咲き、風と共に散る。

早春の花の気持ちがわかると、もっと心が豊かになるのでしょうか。
人として深みが出るのでしょうか。。。



2009.3.30.帰宅途中の寒風にふかれ携帯から 大畑 理博
スポンサーサイト