この3日間で一気に味わいました。
送り出される身と送り出す身。
なかなか経験出来ないことで不思議な感覚です。

先生の背中を見て巣立とうとした自分を振り返ったとき、
学生たちは僕の背中をどう見ていたのだろうと考えます。

「お世話になりありがとうございました」
と月曜は自分が言い、
「お世話になりありがとうございました」
と言われて。

僕は何か示してあげることは出来たのか。
不安になります。。。

僕のほうこそ学生たちに
「お世話になりありがとうございました」
と伝えなければならなかったのではないかと。

そんな想いを抱きながら寝ます。
目が覚めたときには何か見付かっているでしょうか。。。





2012.3.21.大畑 理博
スポンサーサイト