櫻を見上げて櫻の樹の下を見て
自分の“うた”を考える日


上を見上げては花見と言う
でも
下にも花は力強く咲いている



上を見上げた後に
視線を下げたら色付いた花が
存在を放って咲いている



僕はこんな“うた”をうたおう!!!

そんな年度始めです。



2016.4.5.大畑 理博
スポンサーサイト