本年も無事に伺って参りました
奥秩父にある三峯神社へ
御眷属をお返しし新しいものを拝借に





昨年も凄いところだなと思いましたが今年もかなり思わされました



歩いていると思い出した詩がありました
どこかから引き出されたみたいです
とても優しい詩です

【空気】
花のまわりで 花の形
ボールのまわりで ボールの形
ゆびのまわりで ゆびの形

そこに ある物を
どんな物でも そこにあらせて
自分は よけて
その物をそのままそっと包んでいる
自分の形は なくして
その物の形に なって…

まるでこの世のありとあらゆる物が
いとおしくてならず
その ひとつひとつに
自分でなってしまいたいかのように
(まどみちお)



そして僕の頭の中に浮かんだ言葉たち

【包まれている】
わたしたちは包まれている
何かに包まれている
それは目に見えるものかもしれないし
そうじゃないかもしれない

そこに立ってごらんなさい
何かに包まれているでしょう
それは動いているものかもしれないし
止まっているものかもしれない

目を瞑って見てみましょう
耳を塞いで聴いてみましょう

触れても
突いても
投げても
握っても
叩いても
抱いても

ほら
やっぱりあなたは包まれている
(大畑 理博)









2016.11.2.大畑 理博
スポンサーサイト