春爛漫の季節となってきました
新年度が始まっていろいろなものが動き出しました
来週土曜の10日には以前から告知させていただいている市民プラザでミュージカルナンバーを集めたコンサートの出演予定です

そして7月には様々なデュエットを集めたコンサートを予定しています‼️

富山在住の多岐にわたるジャンルで活躍されているソプラノ野上聡子さん
活躍の場を着々と広げていらっしゃるピアニスト
Sonoe Toshimaさん
これまで一緒に介することがなかった3人で様々な場面=situation、距離感=distanceの「デュエット」を取り上げるコンサートとなりました

前半は
モーツァルトのオペラからのデュエット
オペレッタ、ミュージカルからのデュエット
後半は
違ったアプローチからのデュエット
そして木下牧子先生の『愛する歌』からのデュエット

どんな感じになるのかまだなんとも言えませんが
有名曲、ちょっとマニアックな曲、ホッコリする曲、シリアスな曲など
プログラムは重厚感はあるのではないでしょうか(笑)

是非、足をお運びいただけたら幸いです
チケットは出演者に直接ご連絡をいただくか
オーバードホールアスネットカウンター、アーツナビ、北日本新聞社1階プレイガイドへ‼️



2021.3.31.大畑 理博 拝

---------------------------------------

デュエット's
“Situation-Distance”

日 時:2021年7月3日(土)
    14:00開演(13:30開場)
場 所:北日本新聞ホール
入場料:3,000円(一般) 1,500円(高校生以下)
出演者:野上聡子(ソプラノ)
    戸島園恵(ピアノ)
    大畑理博(バリトン)
スポンサーサイト



4月と7月のコンサートリハーサルの為
地元 富山に帰ってきていました



風は冷たいながらも
お天気がとても穏やかで
実家の庭を散策したり

お彼岸ですし
春分も今週末ということで

春の息吹やエネルギーを
陽の光を浴びながら感じました







今年に入り
祖母と師匠とが旅立ち
何かぽっかーんと穴が開きました

年月を経た
ということは
なんだかんだと経験し
新しいものへの込み上げる感動が
少しずつ減って
失うことへのそこはかとない感傷のほうが
格段に増えて

それでも繰り返される自然たちを前に
いろんな思いや感情が入ってきて
満たされたような気がします

立ち止まりたい気持ちもあるけれど
何か待っているような
そこに歩き出しているような



2021.3.18.大畑理博

---------------------------------------

春に   谷川俊太郎

この気もちはなんだろう
目に見えないエネルギーの流れが
大地からあしのうらを伝わって
ぼくの腹へ胸へそうしてのどへ
声にならないさけびとなってこみあげる
この気もちはなんだろう
枝の先のふくらんだ新芽が心をつつく
よろこびだ しかしかなしみでもある
いらだちだ しかもやすらぎがある
あこがれだ そしていかりがかくれている
心のダムにせきとめられ
よどみ渦まきせめぎあい
いまあふれようとする
この気もちはなんだろう
あの空の青に手をひたしたい
まだ会ったことのないすべての人と
会ってみたい話してみたい
あしたとあさってが一度にくるといい
ぼくはもどかしい
地平線のかなたへと歩きつづけたい
そのくせこの草の上でじっとしていたい
大声でだれかを呼びたい
そのくせひとりで黙っていたい
この気もちはなんだろう
シンガーとして
そして
ボイストレーナーとして





わかったつもりで無知だった僕に
様々なことを教えてくださった
師匠のお一人 安ますみ先生が
3月3日のお昼ごろに逝去なさいました
桃の節句に亡くなるなんて
最期まで乙女だったんだなぁ



そして本日告別式も終わり
最後のお別れが出来たけれど
何だかぽっかーんと
心に穴が開いたような気持ちになってきて
ただただ空を見上げて
先生との10年ぐらいの日々を思い出しています

---------------------------------------

安先生



魚津の林檎とアンデルセンのココナッツクッキーを持っていった年末
年明けにご飯作ってくれるって言ってたけど
結局食べられなかったね…
今度企画するコンサートに出て欲しいのって
そんな大役無理って思ってたけれど
やっぱり出られなかったよ…



またレッスンするねって
玄関先でお菓子持たせてくれて
「大畑くんまたね」
っていつも通りに笑顔でバイバイして
あれが最後になっちゃった

本当にありがとうございました
今度いつかまたお逢いしましょうね

大畑 理博 拝

---------------------------------------

初めてお会いしたのは大学院生のとき
僕が出待ちをして突撃したのがきっかけです
「ごめん私忙しいの。
夜にでもここ(名刺)に電話ちょうだい。
そうね…1:00ごろ。
じゃあねぇ‼️」



そして初めてのレッスンのとき
それはその後の僕のレッスン内では常套句となり
ライヴでのMCでもたまにいじられた
「あんた芸大まで出て
そんなうたうたうなら
私の税金返して‼️」


(病院に行ったら抱きしめてらした…似てると思った 笑)

お会いして事あるごとにおっしゃった
「大畑くん教えてないで
うたいなさいよ‼️」

そしていつか何故だか一度もうたわなかった
レッスンのとき
「大畑くんなんでうたってると思う?
あなたはわからないでしょう
好き嫌いでうたってないでしょ?

僕はここにいるよ‼️
って存在証明をしてるの‼️
うたわないとあなたはそこにいないの」


(先生との最初で最後のお仕事)

最後にお会いしたのは昨年末
お宅に林檎とクッキーをお届けに行ったとき
「大畑くん
生きてたら色んなことあるわね
来月から新しい治療するの
私もあなたも色々あるわ

元気なうちに
うたいなさいよ
誰かのために」
1月23日に開催予定でしたコンサートが
豪雪およびコロナの波を鑑み
残念ながら延期としました



その7人によるコンサートの公演が
約1ヶ月後と近づいてまいりましたので
再度ご案内申し上げます

ちょうど桜が舞うころになるでしょうか…
でも暖かいから散った後になるかな…

新型コロナウイルスに対する
感染予防策を実施しつつ公演を開催致します

お会いできることを楽しみにしております



2021.3.7.大畑理博

---------------------------------------

The Musical!~That’s LIFE!~

2021年4月10日(土)
17:00開演
富山市民プラザ アンサンブルホール