【父の命日】

今日は午後から仕事だったので
午前に築地本願寺へ



本堂の上の青空をみたら
父との想い出が
バーっと走馬灯のように
脳内を走り抜けました

田植え機や稲刈り機に一緒に乗ったこと
スイカ模様の浮き輪で海に入ったこと
肩車されて林檎を獲ったこと
筑波万博で大きなコーラを買ってもらったこと
ホウレンソウを食べられなくて怒られたこと
庭の鯉の池の掃除したこと
大学の合格発表で声を上げて喜んでくれたこと
一緒に水田の肥料噴霧したこと
入院中の父に足のマッサージを頼まれて触れただけで痛いと言ったこと

想い出を辿ると
雲間から青空が広がっていた気がする

作曲家の武満徹が「小さな空」で

青空みたら
綿のような雲が
悲しみをのせて
飛んでいった

と歌っているが
まさに今日はそんな気持ちになった



南無阿弥陀佛



2023.7.22.大畑 理博 拝
スポンサーサイト