今年は【男ゴコロ】がテーマでした
うたの中の男たちは
目、まぶたを閉じ
静かに心の声をじっくり聞く
何かを決めたその先は
ロマンチックになったり
ノスタルジーを感じたり
ファンタジーに膨らんだり
センシティブに傷ついたり
ただただ祈ったり

リアリティを求める女性たちのものとは違った
子を産めない故
余計にふとした“孤”や佇む“かなしみ”
こういうものが付きまとうのかもしれません



ライブに来てくださった方からいただいた花束です
ビタミン色というのでしょうか?
それらの色は今回の楽曲の中に
度々出てきた【蒼】の補色だそうです
この【蒼】は
もちろん良い意味も悪い意味もある漢字です
でも意味合い全部に【宇宙】や【自然】を感じます
年老いた様や慌ただしい様
草木の茂っている様
また多くの人々、大勢という意味もあるようで
僕も初老を迎えてまさに体感しているところです

⭐︎セットリスト⭐︎
うたうだけ(武満徹)
Amazing Grace(讃美歌)
My Way(中島潤/日本語訳詞)
こころ(沢知恵)
サッちゃん(大中恩/曲 阪田寛夫/詩)
昴(谷村新司)
to U(桜井和寿・小林武史)

歌うたいのバラッド(斉藤和義)
メロディー(玉置浩二)
楓(スピッツ)
ひまわりの約束(秦基博)
いのちの理由(さだまさし)

アンコール/蒼茫(山下達郎)



2024.2.18.大畑 理博
スポンサーサイト



《昨日のこと》

毎年恒例の
大畑理博うたってもいいですか?
無事に終演いたしました



ご来場くださった皆さま
リアルタイムで配信をご覧くださった皆さま
応援してくださいました皆さま

いつも支えて助けてくれるピアニストの尾崎風磨くん
何も言わず音響を整えてくださるDoppoの川崎裕之さん

誠にありがとうございました
感謝申し上げます



ご来場くださった皆さまからの写真を見ると
良い顔でうたっているので
とても楽しかったのだと思います

ツイキャスで2週間のアーカイブがございます
ご興味のある方はご覧くださいませ
よろしくお願いします
https://twitcasting.tv/soundcreekdoppo/shopcart/287476

来年もまたやろう!!
出来うる限り細く続けてみよう
となんだか思った日でした



2024.2.17.大畑 理博 拝
無事に一つ歳を重ねました
【43歳】
まずは感謝

日付が変わってから
沢山の方からメッセージをいただき
大変感謝申し上げます
少しずつ返信させていただきます

そして本日は八方除で有名な寒川神社へ
色んな縁が重なって御祈祷できました
そして瀧口明神社にも



ちなみに日付が変わった時は
ジムでストレッチしておりましたので記念に(笑)



僕は人に恵まれて生きている実感が大きいです
知り合う方みなさんがとにかく優しい
また思いの外、遠いと感じているような方々に
何故かさらりと会えたりすることも

“結構生きてきた気もするけれど
まだまだ生きるのかい?
やり残したことはないのかい?”
などの自問が繰り返されます

諸先輩の方々には「まだまだ若いよ」
と言われ
後輩や生徒からは「え?そんないってるんですか?」
と言われる

【Stage】に例える人もいれば
【Level】に例える人もいて
【Step】と例える人も
【年輪】なんていう言葉もあれば
【一歩】という人もいる

僕は何に例えようかな…と考えてみたけれど
どれもなんだかしっくりこないし
今はまだわからないです

ただ最期は【ひとひら】フワッと

僕の大好きな花たちは
何もないところから蕾が付き
徐々に色付きながら開いていく
そして散る

今はどこにいるんだか僕にはわからないけれど
色付いた蕾だったら嬉しいな
花開く人生を夢見ていたけれど
それがもう過ぎているのか
これからなのかもよくわからない

ただ、潔く散りたい…
なーんて思ったりする誕生日

ありがとうございます





令和6年、2024年
誕生日に寄せて
大畑 理博 拝