FC2ブログ
花冷えが終わったと思ったら、今度は雨でなんだか寒い東京です。。。

レスが遅くなりました。
今回の帰省はのメインはデイサービスでのボランティア演奏でした。
思い出すだけでも鳥肌が立つくらい嬉しい思いで一杯です。
最後には、手作りのものまで頂いて・・・。(画像参照ください。)

前のdiaryに1回目の感想等を書きましたが、2回目も僕にとってかけがえの無い日でした。
1回目では地元紙が取り上げてくれとても反響があり、2回目はそれを見て来てくださった方もいらっしゃったようです。地元ケーブルテレビも・・・。(いつか放送されるのでしょうか・・・。)
また僕を特集してくださった地元紙の記者の方もいらっしゃり、いつかの夕刊にそれが載る予定です。

当日には、演奏の場を提供してくださった病院の院長先生がわざわざ出迎えてくださり、演奏も聴いてくださいました。
この場を借りて、院長先生、またスタッフの皆様、それから仲介役を買って出てくれたその病院で働いている保育所からの友人に心から感謝申し上げます。

心打たれるばかりで、書き記すことの出来ない感情がたくさん溢れました。

奥のほうで、ベッドに横たわりながら一生懸命聴いてくださったおばあさんがいらっしゃいました。
はじめはそんなに反応を示されなかったのです。しかし、途中、僕も一生懸命だったので何の曲だったかはどうも思い出せず定かではありませんが、何回か泣いていらっしゃいました・・・。

歌には得体の知れない「力」があるんです。
僕はそれを実感しました。
脳のどこかで歌(音楽)とその人が生きてきた証(思い出)とがリンクし、感情が動かされるのでしょうか。

僕は「日本の歌」にこだわって歌ってきました。
そのこだわりがこのような形で、僕の糧となることが嬉しくてたまりません。
もっと勉強して、もっと色んな方に色んな形で演奏することが出来たら・・・。


なんだか感情が溢れるばかりで、まとまりの無い文章になってしまいました。
失礼致しました。

2006.4.10. 大畑 理博
スポンサーサイト



COMMENT









 

TRACKBACK http://hirosongsalbum.blog98.fc2.com/tb.php/12-13d67fd0