FC2ブログ

若き生徒たちへ

現在教えに行っている専門学校の今の2年生は、僕が初めて講師として受け持った最初の生徒で、恐らく忘れることの出来ない生徒たちだろうと思います。

卒業をもうすぐ控えているけれど、最近見る彼らの姿の大半は将来の不安と闘っています。



つい1年前、僕が学生から歩き始めた時のように。。。



とてもツラいと思うけれど、自分で解決していくしか無いものなんですよね。

僕は、下記に載せた詩のように頑張っていましたが、この詩を読んで少し解き放たれたのを覚えています。





笑うこと   田中 章義

はしゃいでいる人の
顔はいいのに、
はしゃごうとしている人の顔は
どうしてこんなにも
さみしいんだろう。
いろんなことに
無理しすぎているんだから
せめて、
笑うことにまで
苦労しなくていいんだよ、
きっと。





2008.3.6.大畑 理博
スポンサーサイト



COMMENT









 

TRACKBACK http://hirosongsalbum.blog98.fc2.com/tb.php/121-5fc7d8c5