FC2ブログ

子どもの目

今日は地元の日中上野小学校と出身校である新瀬戸小学校で1時間ほどずつ歌ってきました

僕の出身の小学校はもう複式学級で、全校生徒が20人ちょっとの本当に小さな学校になってしまいましたが、
みんな元気いっぱいでした

日中上野小学校は初めてで、新瀬戸小学校は今年で三回目になりますが、
毎回思うことがあります

やはり子どもたちの興味や視点や感性は
どこまでも自由で果てしないです

「僕の歌に少しだけ耳を傾けてもらえますか?」
そんな気持ちにさせられる、きれいな子どもたちの目は、
本当にドキッとします
イタリアのものを歌ったのですが、意味がわからないからこそ、
そこから何かを見出そうと一生懸命、一点を見つめます

あの眼差しこそが、今の僕に足りないものなのかもしれないなと思ったり。。。

常にそこには“WHY?”がある
だからそれが探究心に変わる
そこに何かを見ようとする



底知れない自分なりの答えを見つけ出そうとする目



みんな今の眼差しを忘れず持ったまま、大きくなってくれればいいなぁ・・・

DSC_0078.jpg




2011.11.25.大畑 理博
スポンサーサイト



COMMENT