FC2ブログ

久しぶりの更新です。

バタバタしていたら更新にこんなに時間が経ってしまいました。

もう梅雨にも入りドンヨリとした天気が続いています。
近所を散歩したり、学校に行く途中などちょっと目をやると、紫陽花たちはそれさえも受け入れようとするほど、色彩豊かに庭や公園で笑っているように見えました。
また、僕の中では厄介な雑草だと思っていたドクダミの白い花も、美しいと思うようになりました。

みなさんのお住まいの地域ではではいかがですか?

最近、「まど・みちお」さんの詩集を愛読しているのですが、その中に紫陽花の花にまつわる詩を見付けました。紫陽花の花だと思っているものは実は萼(ガク)なんですよね。。。でもまどさんは・・・。


アジサイの花  まど・みちお

アジサイの花を 見た人は
せかいに ひとりも いませんが
そのことを ほんとに する人も
せかいに ひとりも いません

みんな うっとりと
見とれてしまうのです
アジサイの花だと おもって

るりいろの シジミチョウが
いつも びっしりと
すきまも なく
とまっているものですから・・・



もう一つドクダミの詩を。ちょっとドキッとしました。

ドクダミ  まど・みちお

ここに くると
昼ひなか
ひんやりと ランプがともっている

わたしは いきを ころす
どこかに うごめく
夜のけはいに
からだじゅうを 耳にして

なにかが おこっているのに
それが 
いよいよ 大きくなってくるのに
わたしだけが
気づかずにいるのではないかと・・・





最近、お世話になった先生が御二方お亡くなりました。
佐藤功太郎先生。そして岩城宏之先生。
御二方とも指揮者の先生です。
佐藤先生にいたっては、大学の時にも定期演奏会の指揮者として、そして、昨年12月の山田耕筰の歌劇「黒船」の指揮者として勉強させていただきました。
心からご冥福をお祈りいたします。

2006.6.17.大畑 理博
スポンサーサイト



COMMENT









 

TRACKBACK http://hirosongsalbum.blog98.fc2.com/tb.php/22-4a1dd0d5