FC2ブログ

拝啓 祖父 理昌 様





稲が揺れる
ゆらゆらと揺れる

熱さ残る風に
ゆらゆらと揺れる



あなたが立っていた
その場所に
僕の影を
暮れいく陽で
うつしてみた


あなたはいつでも
無心に
そこに立ち

何かを求めていたのですか
そこに何をみていたのですか
夢が稲につまっていたのですか
夢を稲につめる為だったのですか



あなたの背中が
田圃からなくなって
何度目の盆を
経たのでしょう

こうして
穣る田圃を
息子が育てた
その稲を
孫はそれらを
直接見て一喜し
写真見て一憂し



遠く離れた地から
あなたの背中を追っています


刈る前の今も
ゆらゆら揺れているでしょうか

来年も再来年も
ゆらゆら揺れているでしょうか




2012.8.21.大畑 理博
スポンサーサイト



COMMENT