FC2ブログ
先日のワンマンの最後。

「写真」

平井堅さんのアルバム『FAKIN' POP』の最後に収録されています。
やはり平井堅さんが亡くなったお父様のことを思って制作し、歌っていらっしゃいます。

前々から知っていましたが、このように歌う時が来るだなんて思ってもしていなかった楽曲。

いざ練習しようと思っても、あまりに込み上げるものがありすぎて、なかなか最後まで辿り着けなかった楽曲。

それでもお盆に報告するって約束したので、今回のライヴのアンコール、そして亡き父に捧ぐ“うた”として、アカペラでなんとか最後まで歌いきれた楽曲。

平井堅さんの「写真」の歌詞は、あまりにも今の自分と重なってしまいました。
このFacebookで父の顔を出すまで、実家などでは似てると言われたことが無かったので、コメントにあったり直接仰っていただいた時には、本当に嬉しくて嬉しくてたまりませんでした。

僕の父はお酒はほぼ飲めなかったので、ライヴでは曲中の歌詞「ビール」を好きだった「コーラ」と変えて歌いました。



「写真」

写真立てのあなたに どんどん似ていく僕が
少し照れくさいけれど 少しうれしい

夢中で駆け出した海辺 背が届かないところで
しがみついたあの背中は 今はもう ない

あなたの背を追い越した今も 届かないところはある
孤独な夜も 憂鬱な朝も しがみつくものはない

キラキラ輝く明日を 水面が照らしていた
あなたの目にあの海は どう映ってたんだろう

時々答えが欲しくなる 時々逃げたくなる
怒ってるかな あきれてるかな
星になったあなたは ずるいよ

くわえタバコとビールで 僕を見ては笑ってた
あなたの子で良かったと心から思う

海のように広くて 空のように遠くて
あなたの子で良かったと心から思う
(作詞:平井堅)





写真は富山県魚津市にある、いつもお世話になっている林檎農園に行ったときのものだと思います。
僕は何才だろうなぁ。。。



2014.8.14.大畑 理博
スポンサーサイト



COMMENT