FC2ブログ

出身小学校休校に寄せて

142年の歩み心に刻む 立山・新瀬戸小で休校式
(北日本新聞より)


もう式典が行われてから一週間ほど経っておりますが。。。

僕の出身小学校が今年度をもって閉校致します。
過疎化、そして少子化が進んでのこと。

東京に出てきた身で子どもがいるわけでもないので、何か言える立場ではありません。
ただ出身校が無くなるのは
「淋しいなぁ…」
っという至極普通な感想です。

すでに保育所は無くなり、中学校は統合され廃校になっています。
幼馴染のなかには高校、そして短大とすべての出身校がそれぞれの理由で無くなっていっています。

小さいながらにもっと酷なことを強いられている在校児童たち。その中には僕の甥二人も含まれています。
大人の話し合いで廃校ではなく休校になったため、統合という形では無いために、それぞれ任意で小学校を選ぶという方式を取り、少なかったからこそ強かった子供たち一人一人の絆がバラけることになるそうです。
どんな想いでこの春休みを送っているのか想像出来ません。


本当に“淋しい”こと。
この“淋しさ”ってなんでしょうか。


気分が乗らないこともしばしば。学級委員長から始まり、児童会長や委員長などもしていたためか、小学生にして変な責任感とか背負うもの?みたいなのを勝手に感じて、緊張からか胃痛みたいなのとか、吐気とかもありました。
それでも当たり前のように通っていたんですよね。
学校が好き!!というより、先生、児童、地域の方々の絶妙な距離感の、あのこじんまりとしたコミュニティが好きだったんでしょう。

僕はあの田舎だからこその
育ち=教育
を受けられたことに誇りを持って、こうして東京にいます。
これからもそうでしょう。


文章にすることを躊躇っていたものは、このなんとも言えない
“淋しさ”
かもしれません。


休校記念誌には寄稿させていただきました。
その書誌には祖父、父弟妹、実兄、姪甥と卒業生名簿に名を連ねていました。
本当にお世話になったのだなと感慨深い想いです。

その寄稿を添えて。
現校舎が出来て間も無くの入学生でしたがまだまだ真新しく、体育館は工事中だったためランチルームでの入学式でした。
男5人女5人の計10人が同級生。その他大勢はおらず、みんなが主役でした。一人一人が際立ち、責任感や自立が育っていく。そんな環境だったのでしょう。
今思い返せば、他校では体験出来ないことが沢山でした。10分間全児童が合唱という形で音楽を共有しました。地域文化にも触れ、陶芸作品を作り、池田浄瑠璃を上演。ソフトボールで全国大会へ行くほど、放課後のクラブ活動が盛んに。夏にはグラウンドで盆踊り、冬には左義長。そして田植えから稲刈り、サツマイモを植え収穫。プールの西側では育ち方も知らなかった種を巻き成長を観察し、蕎麦打ちをして実食。観賞菊を一生懸命育てたこともありました。他小学校が断念する中、立山登山を決行。6年生の時には壁画を描き、伝統の版画カレンダーも制作しました。他にも沢山のことを経験したように思います。
目まぐるしく行事はやってくるのですが、それらは経験の宝石箱のようでした。誰もが疑いもなく懸命に取り組み、必死に考え、真剣に話し合い、そして行動する。とにかく忙しかったように思います。その中で様々な感情を抱きました。けれど凄く楽しかったのは事実です。何故なら本物に触れること、そこにリアリティが満ち溢れていたからです。振り返ってわかったことは、“本物に触れ愛でる事”で気付きと発見がもたらされ、そこから生まれ出た感情そのものを揺るがす時間が常に流れていたことです。僕の今の生業であり営みである“歌”は、これらを言葉と音楽で紡いだ表現方法であり、6年間に刺激され積み重ね培われたものが根源であり糧です。そんな僕に多大な影響を及ぼした小学校が休校になるのはとても淋しいことですが、“卒業生なんだ”と胸を張って言える誇り高い新瀬戸小学校に感謝します。
新瀬戸校の名をあげん。(平成5年卒業生)



2016.3.29.大畑 理博
スポンサーサイト



COMMENT