FC2ブログ

2年目に

今日で父の2年目の命日となりました。
日曜には三回忌の法要も終わりましたが、「もう」なのか「まだ」なのか、フワフワと実感のないわからないままの状態でいます。

ただ、ふと淋しいものが込み上げてくるのは事実です。

さてこれはいつまで続くのでしょう。
故人というのは頭の中に変わることなく留まり、思い出が幾多募っても過去であって現在にはなく、生きている者たちだけの時間がただ過ぎて、進んでいるような残されているような。
だから忘れるものは無く、より濃くなっていくものなのかもしれません。


先日のリサイタルで自分の言葉をテキストに、声楽作品にしていただきました。
《想い》という形の無かったものが言葉として“文字”になり、そして形を変えて“音”になった時の、あのなんとも言えない気持ちは味わうことがなかなか無いように思います。
まさに飾り気もないただの戯言の塊のようなものでかなり稚拙ではありますが、それを紹介したいと思います。

鳥井俊之先生が作曲してくださった『故郷に』という作品は、逝去の連絡をもらってから2ヶ月間ほどの、ずっと巡っていた出来事や心情を組み合わせたものです。今思えば、とにかく紛らわせるために、溜まるものの行き場として文字にしていたのかもしれません。

『故郷に』大畑 理博
・力なく指からはらり落ちる切符 泪とともに拾う 震える
・母の背の向こう側に父の遺影「今日もおんなじ顔してますね」
・眼を閉じた冷たき父に還すもの 僕の頭に残された声
ー通夜後にー
・仏とか星とか風にならないで その肉体と魂のままで
・父よ父 自らの血を献り 治らぬ病 何故と問うたか
ー式準備にてー
・変わらずにそこに貴方がいらっしゃるそう思っていた額になるまで
ー火葬後ー
・墓に入る前の骨壺持ち抱く時 その重みはまさしく父
ー「千の風になって」を歌ってー
・星となり 光となり 風となり 残像の亡父 ただうたとなる
ー「故郷」の二番からー
・如何にいます父母 と歌えば亡き父の姿はより鮮明に
・「ひろ」と呼ぶ頭の中に声はあり これを外には出せないものか
・木々たちよ夕の光を吸い込むな 時の経つ淋しさ込み上げる
・雨に濡れていたいと希う夜でした 親不孝の躰浄める為
・爪を切るその行為にも父の跡 かなり深爪 爪痕痛し


父は《いのち》というものを大切にし、とても愛でていました。
それは季節の移ろいや行事であったり、自然現象であったり、機器や道具であったり、もちろん生物であったりと、豊かに生きていく上での《いのち》に関わる全てのものだったように思います。
その一つであった花と父の姿とを重ねた言葉を、德永洋明先生が『花の命』という作品を作曲してくださいました。


『花の命』大畑 理博
・花盛り 生きようとするそのはなに 覚悟というを教えられ 散る
・われはここ カメラのピント 花にあり 風に揺れてもおさまるは君
・潔く音を立て終え逝くさだめ 紅い椿に永久の眠りを

そして一部の最後に歌った「くちなし」という高野喜久雄 作詩、髙田三郎 作曲の作品。
今年初めて東京の家と実家に梔子を購入しました。
東京のものは八重に咲くもので花と香りを愛でました。
実家のものは一重でしたのでこれから実がつくのでしょうか。



くちなしの実よ
くちなしの実のように
待ちこがれつつ
ひたすらに こがれ生きよ
と父はいう
今も どこかで父はいう
(高野喜久雄 「くちなし」より)



2016.7.22.大畑 理博 拝
スポンサーサイト



COMMENT