FC2ブログ

かなくれ会ー越中瀬戸焼ー

僕の地元 富山県中新川郡立山町新瀬戸地区、実家から歩ける距離のところに在住、そして出身の画家、瓦職人、書家などたくさんの芸術を重んじる方々がいらっしゃいます。

その中で際立っているのが「新瀬戸」という地域の名前にもなるぐらい歴史の深い陶芸家のみなさんです。



その陶芸家5人が数年前にお集まりになって結成された“かなくれ会”の新宿での初めての展覧会を拝見するため伺ってきました。

庄楽窯 釋永由紀夫さん
釋永陽さん
四郎八窯 加藤聡明さん
千寿窯 吉野香岳さん
枯芒ノ窯 北村風巳さん

全員の陶芸家が在廊なさっておりましたが、皆さん纏っていらっしゃる空気感が“新瀬戸”そのもので、新宿にいながら地元に帰ったような気持ちになりました。


それぞれの個性が存分に発揮されている作品を拝見していると、感嘆させられるとともに烏滸がましくも不思議と嫉妬心というか憧れというか…。

芸術を為す者は嫉妬する…まさにこれです。

僕は音楽という瞬間的にその空間に放たれるものを自分を通して振動させて表現しているわけですが、陶芸家の皆さんは土からおつくりになり、生み出してからずっとその空間に存在する表現をされている。
それは日常の生活に使用されるもの、茶事に使用されるもの、鑑賞されるもの、用途は様々だけれどもまさにどこにいてもそこに存在する。

変化するという意味では同じだけれども、音楽のようにその一瞬の空間だけを満たすわけではない、煌めきと輝きに翻弄され満たされ揺さぶられ…羨ましいという気持ちで一杯になりました。



2017.2.26.大畑 理博
スポンサーサイト



COMMENT