FC2ブログ

リサイタルのご案内

今年もリサイタルをさせていただくことになりました。
テーマは《ふるさと》で今回の副題は

~ふるさとがきこえる~




と致しました。
富山で生まれて18年、東京で暮らしはじめて18年。
ちょうど半分になってこれから“いってきます”“ただいま”はどちらに感じ言うのか。
そんな想いを抱きつつ、今回のプログラムは富山の民謡を基にした歌曲、富山県出身の作曲家 高階哲夫、幼少期を過ごした瀧廉太郎、在住の池田瑛子先生の詩をテキストにした作品などを軸にしています。

そしてこれから歌われることのない休校中の小学校、廃校になった中学校、そして高校の校歌と作品として取り上げて入れようと思っています。

ピアニストには同時期にやはり東京に出てきた高校の同級生の間部栄司くんを迎えます。

チラシ表面の写真は僕と同じ小中学区で育たれた、瓦職人で美しい写真を撮影される釈永聡さんからお借りした実家と小学校の間から見る、地元の風景です。
中央には実家も写っていたりして大好きな写真です。

富山でのリサイタル。
東京でもやりたいなと思っています。



2017.6.25.大畑 理博 拝
スポンサーサイト

COMMENT