FC2ブログ

【夏の夜の夢】シェイクスピア+ブリテン

久しぶりに観劇したオペラは
今この状況下にピッタリの幻想的なオペラでした
新国立劇場のオペラパレスで出演者全員が日本人

なんだか随所随所に散りばめられていたメッセージも
ズンっのようなグッのようなとても心に深く滲み入るものでした



シェイクスピアの幻想的な中に人間の核心をつくような…
ブリテンの妖しくも美しく紡がれる音楽
(一応学部時代、英米歌曲やオペラに触れたんですよね…ブリテンも挑戦したけど、ハマらなかった…ハマったのはヴォーン・ウィリアムズでした)

ニューノーマル時代の新演出と銘打ってます
一切演者同士が触れることはないのに、実際の距離、心の距離、舞台上では登場人物たちのそれぞれの距離がとても良く描かれていました

大学時代の一つ上の先輩である藤木大地さん、大隅智佳子さん
そして同郷の大先輩 平井香織さんをはじめ、出演者の方々の取り組む姿勢、歌はもちろん演技が素晴らしかった
アンサンブルもとてもバランスが良くて心地よかった

そして少年合唱団の心洗われるハーモニー
少年ってなんであんなにストレートな声なんだろう。。。

とても長いオペラなはずなのに、それぞれのシーンで音楽、演出、演者の皆さんに魅せられてあっという間でした

(そして終演後には平井さんと大隅先輩にもお会いしてちょっとだけお話できました)

はぁ。。。
心の栄養補給が出来ました
本当に伺ってよかった



2020.10.8.大畑 理博
スポンサーサイト



COMMENT