FC2ブログ

トゥーランドット姫に寄せて

グランドオペラ共同制作
オペラ『トゥーランドット』

トゥーランドット姫を大学の同期 岡田昌子が演じるということで、神奈川県民ホールに行ってきました



20年ほど前、3人で仲よく自主休講をたまに?していた(笑)佐藤容子、そしてそんなわがまま3人を保護者のやうに温かい目で見守ってくれていた辛島安妃子さんと一緒に横に並んで応援できました
あんなにアホなことを言い合っていた仲なのですが、3人は本当に立派な歌手、指導者として歩みを続けています



今回の演出・振付は大島早紀子さんがなさり、白河直子さんをはじめとしたH・アール・カオスのみなさんでして
前評判を聴いていたのですが、納得させられる繊細さと大胆さを表現され、それぞれの場面や心情をダンスで表現
舞台上は大変美しい世界を描いていらっしゃいました

---------------------------------------

そしてトゥーランドット姫を演じた昌子ですが、昨年末のリサイタルには伺えたものの、二期会公演のアビガイッレを演じた「ナブッコ」を観劇しそびれたので、僕はオペラの中での本人を観るのは今回が初めてでした

やっぱり変わらず昌子でした(笑)
(本人に怒られそう…ごめんなさい)

「心に抱えた深い傷を氷のような冷酷さで覆い隠す絶世の美女」という説明の通り
舞台上では美声、そして美しい立ち姿、演技で圧倒させてくれました
一幕、一言も発さずに立っているだけなのに凄い存在感でした(ビックリした)

20年以上前から知っているため、どこかしら本人と重なる部分があり、演技をしているのか素なのか、トゥーランドット姫を観ているのか昌子を観ているのか…
振り返るとき、階段を上り下りするとき、手を差し出すとき、歩くとき。。。
でもそこには2人とも確かに存在していました

日本に帰ってくるたびに、刷新されていく昌子は
プリマドンナの階段を登っているのに、気さくでいてくれるからなんだか安心します

もし昌子が椿姫のヴォオレッタをやるなら、最後に仕える一人のグランヴィル医師として一緒に出来たらいいなと思ってみたり
10年前にこれで終わりと思っていたオペラ出演だけど、そんな思いにさせられました

いやぁ…
先週の「夏の夜の夢」に続いて今回も行ってよかった‼️

心の栄養補給第2弾でした



終演後、中華街で容子とご飯を食べてお茶していたら、昌子が会いに来てくれました😆
やっぱりお茶目で面白可愛い昌子は変わらない(笑)





2020.10.18.大畑 理博
スポンサーサイト



COMMENT