FC2ブログ
今日は恩師、毛利準先生の追悼礼拝に教会に行って参りました。



どうも涙腺が弛みすぎて号泣。



先生には申し訳ないけど、なんだかまたポッカリ穴が開いちゃった日だな…。



僕が歌に関して悩んでた頃に毛利先生がレッスンの時、仰った言葉が忘れられません。

「歌いたい時に、歌いたい歌を心を込めて歌うのよ。あなたが好きなポップスだってなんだっていいじゃない。いい歌を心を込めて歌う事。あなた歌い続けなさいよ。」

毛利先生へのせめてもの僕に出来る御恩返しは、僕にしか歌えない歌を、歌い続けることなのかもしれません。


2007.6.9.大畑 理博20070627084946.jpg

スポンサーサイト



COMMENT









 

TRACKBACK http://hirosongsalbum.blog98.fc2.com/tb.php/68-951237a5