FC2ブログ

歌漬けの約一週間。

えぇスケジュールにありました通り、榛名梅の里音楽祭&「日本の歌」スプリングセミナー2006に参加してきました。
本当に朝から晩まで歌漬けの毎日。
セミナーはあさの9時45分からはじまり、5時半ぐらいまで。(日によって微妙に違うんですよね。)
それで宿にいても、朝の7時から声を出す方がいらっしゃり、23時まで練習する。
かなりですよね。
ある意味精神的にも体力的にもかなりシンドイんですよ・・・笑

でもかなり充実したセミナーでした。
先生方、スタッフ、受講生皆さんみんなそれぞれ様々な個性の強い方ばかりなんだけれど、とても温かい人たちで。
純粋に音楽を奏でることが好きで、仕方ない人たちに囲まれての勉強。
刺激をたくさん受けました

振り返るとほんと幸せな時間でした。




今回のセミナーでの出来事。

その1。
まぁ僕ははじめから好きなんですが、なんだかシモい話にかなり毒されました・・・。
しかもやたらエグいときも・・・。
それは受講生だけではなく、スタッフ、そしてある先生に仕込まれ・・・。


その2。
また僕はかなりマニアックな曲を提出して、先生方でも知らないようなものをやってしまいました。
しかも、「修了コンサート」というセミナーの成果を発表するものがあるのですが。。。
そこでは提出した中でも一番マニアックなものを歌うことになってしまいました。
それは、深井史郎作曲の『三つの歌』より「墓碑銘―戦死せる彼等のために」というもの。
この曲知ってる人はマニアックです。間違いないです!!!

もう一つ。

セミナーの最後にファイナルコンサートというのがあるのですが・・・。
声楽の受講生は僕を除いて全員女性だったので、はじめファイナルコンサートには参加せず客席でということだったのですが、先生の作品だったのでどうしても参加したいと塚田先生に申し上げたら、「裏声でアルトパート歌うなら参加したらいいよ」と言われ、その通り『裏声』で参加させていただきました。笑
木下牧子先生の『抒情小曲集』の中からだったんですが。
その歌を聴いた方は滅多に無い光景に驚いたことでしょう。
大体、出てきた段階で思いっきりこちらに視線を感じ、指差しされてましたから・・・。
まぁ貴重な体験ということで。。。

ほんと出会いの多い、実りの多いものでした。

2006.3.26.大畑 理博20070404085010.jpg

20070404085024.jpg

スポンサーサイト



COMMENT









 

TRACKBACK http://hirosongsalbum.blog98.fc2.com/tb.php/9-deb7fcad